なぜボックスアウトがバスケをする上で重要なのか?

今回は、なぜボックスアウトがバスケをする上で重要なのかについてご紹介していきます。
ボックスアウトとはどういうことなのか知らない人もたくさんいるかもしれません。

ボックスアウトについて詳しく書いてみたので一緒に見ていきましょう。

ボックスアウトってそもそも何?

ボックスアウトとは

リバウンドに入る選手が、リバウンド好位置を保つために、
ディフェンス姿勢で対面している相手に対して素早くターンして背中を向け足を広げ、
腰を落とした姿勢で体を使ってブロックし、相手チームのプレーヤを押し出し、
リング近傍のリバウンドの好位置に入れなくするプレーのことです。

スクリーンプレーの一種でもあり、スクリーンアウトとも呼ばれます。

ボックスアウトの目的

最大の目的は”リバウンドを取って(跳ねなければそのまま)
マイボールにして速攻につなげること

です。

なぜボックスアウトが重要なのか?

ボックスアウトはバスケットをする上でとても重要なポイントですが、
せっかくなのでなぜそこまで重要なのかを解説していきます。

大きく分けると3つほどでしょうか。

・相手を飛ばす前にポジションを確保すればリバウンドを有利に進められる

・ボールポゼッションが多くなるので勝つ確率が高くなる

・相手に簡単にリバウンドを取られないため

バスケットにおいてシュートが100%決まる、ということは事実上ほぼ不可能なので、
シュートが入らないと仮定してそのミスショットを確保したら入るまでオフェンスをすることができますし、

ディフェンスであれば相手のシュートが外れた時にリバウンドで一発でボールキープできれば

相手のオフェンスをすぐに断ち切って自分達のチームのオフェンスに移れます。

ボックスアウトを行う上で注意すべきポイント

・ボールを見失ってはいけない

ボックスアウトを行う上で注意すべきポイントはボールを見失わない、
相手を見失わないことが大事です。

右半身、左半身、全身でもどの状態でもよいので
相手に触れて押し出すことができれば問題ありません。

ボールを追いすぎて相手を見失ったり、逆に相手をボックスアウトすることに必死で
ボールを見失わないことを注意しなければなりません。

ディフェンスしている時点でリング下は相手に少し触れています。

シュートを打たれた瞬間そのまま追い出すようにして目はボールをしっかり追い、
だいたいどこらへんに落ちるのか予想しましょう。

ボックスアウトが得意なNBA選手とそのテクニック事例

ケヴィン・ラブ

ケヴィン・ラブ選手は、相手が走ってくると思いっきり重心を下げ、
相手にぶつかるようにして飛び追い出しています。

デニス・ロッドマン

デニス・ロッドマン選手は背中全身で相手を押していますね。
相手が大きい場合は何回もボールをはじいてリバウンドを取るようにしています。

オフェンス時にボックスアウトを使っている事例

スクリーンにいったままボックスアウトを行いリング下では
ほとんど真下に落ちてくることが多いのでリバ
ウンドをとって
そのままシュートに行けるケースが多いです。

実際にボックスアウトを成功させるためのステップ

ボールを持ってる人と自分のマークする相手は常に視界に捉えておく。

基本ディフェンスは自分のマークとボールが視界に入るようにディフェンスを行います。
そのままシュートを打った瞬間ボックスアウトに回ります。
全身でできない人は半身で抑えても効果的です。

相手を背中を使って抑える

背中で抑えていれば相手がどこに行こうとしているのか、
走りこもうとしているのか大抵のことがわかります。
背中で相手の動きをとらえることが大切です。

どういう時に有効か

とっさのときや相手が走り込んでくるときは肘と膝で相手を抑えるチャージ&ゴーを使う

走り込みはだいたい半身で抑えることが多いです。

半身の方が体重がかけやすいのと、止めやすくなっています。
リバウンドは基本片手でとるものなので半身で抑えるのが一番いいでしょう。

体重差や体格差がありすぎて(ミスマッチ)中にボックスアウトしても入られてしまうときは

体重差や体格差によりミスマッチの状態になるは結構あり得ることです。
ディフェンスをしていてスクリーンからのチェンジがあると必ずミスマッチが起こることがあります。

その場合はボールの行方を気にせずその人だけをワンボックスで止めます。
リバウンドについては仲間に基本任せます。

それでも取られてしまった場合は、下にボールが来た時点ではたきます。

ここで注意するべき点は相手の手をはたいてファウルを取られないことです。

エアボールに備えてチラ見する

エアボールが一番予測しにくいです。
だいたいシュートがショートなのかロングなのか見分けがつきますがエアーまでは見抜けません。

そこでエアーボールに備えてシュータを視界にいれることが大事です。

逆にボックスアウトされてそれを外したいときは

押し合っていても意味がありません。

前に行こうとするから押し合いになるということは
いったん後ろに下がって外してください。

相手はついてこようとしますが
後ろに下がりその後ダッシュで飛び込み
リバウンドをすると外すことが可能です。

まとめ

・ボックスアウトとは

・なぜボックスアウトが重要なのか?

・ボックスアウトを行う上で注意すべきポイントについて

・ボックスアウトが得意なNBA選手とそのテクニック事例

・実際にボックスアウトを成功させるためのステップ

今回は、ボックスアウトについてご紹介しました。

ボックスアウトを使うことによっての大切さなど詳しく分かったのではないかと思います。

相手によってどのようなボックスアウトを使えば楽にリバウンドがとれるのか、
それを考えながらプレーできる選手になるともっと良いでしょう。