バスケのドリブル技”クロスオーバー”で相手を置き去りにする方法

今回は、バスケのドリブル技”クロスオーバー”で
相手を置き去りにする方法に
ついてご紹介していきたいと思います。

クロスオーバーとはどういう技なのか知らない人もたくさんいると思います。
クロスオーバーについて詳しく書いてみたので一緒に見ていきましょう。

そもそもクロスオーバーって何?

クロスオーバーというドリブルとは

ボールポゼッションのオフェンスプレーヤーがディフェンスを抜き去る為に
左右や前後、緩急の動きで、ディフェンスを揺さぶるプレーです。

ボールを素早く左右に切り替えるドリブルなどで
ディフェンダーを振り切るプレーをクロスオーバードリブルと呼びます。

高度なドリブル技術、とボディーバランス、俊敏さを必要とし、
NBAプレーヤーでは、マヌ・ジノビリ選手、コービー・ブライアント選手、
ドウェイン・ウェード選手らのクロスオーバープレーが有名です。

通常左右の手でドリブルを素早く切り替えますが、
ジノビリ選手のクロスオーバーでは片手のドリブルで
左右に揺さ振りを掛ける高度なテクニックが使われています。

クロスオーバーを使うことによるメリット

相手を振り切ることができるのでノーマークでシュートを打つことが出来たり、
また、ディフェンスがカバーにきても合わせのパスが出しやすくなります。

どういう時にクロスオーバーを使う?

どういうときに使うかというと相手のディフェンスが強かったり、
ここぞということにクロスオーバーを使用します。

クロスオーバードリブルの種類

縦のズレを生むタイプ

横にいくよりか縦に攻めた方が一番リングに近くなるのが速くなります。

まずかなり速いスピードでドライブした後ドライブ一旦止めると相手が
止めた動きにディフェンスが反応してきます。

反応してまた間合いを詰めてきたところを再びものすごいスピードで置き去りにする
ようなプレーです。

元NBAのアレン・アイバーソン選手のような身体能力が高かったり
ドライブのスピードがとても速い選手が得意としています。

冒頭のアイバーソンのムーブなど。

横のズレを生むタイプ

こちらも元NBAのコービー・ブラインアント選手やアレン・アイバーソン選手が
得意としていましたが、重心とボールを片方に思い切りふり、相手がその方向に反応してきたら
逆の方に重心とボールを一気に変えて左右のギャップを作り相手を置き去りにします。

そのあとはシュートするなりドライブするなり周りとの関係を見ながら、
という感じでしょうか。

この横のズレを生むクロスオーバーのポイントはスピードではなく、
あくまでもドライブする方向に行くぞと相手に思わせる演技(フェイク)が重要になります。

クロスオーバーが得意なNBAプレーヤー

アレン・アイバーソン

左右に思いっきりふり、一人のディフェンスだけではなく
何人ものディフェンスを交わしてシュートまでいくアレン・アイバーソン選手。

横のズレ、縦のズレも、スピードの緩急など含めて自在に使い、
バックビハインドからクロスオーバーなどテクニックも素晴らしいですね。

得点王やMVPにもなったことのある選手ですからディフェンスが止めることは
容易ではなかったはずです。

あのコービー・ブラインアント選手でさえ下記のように言っています。

1999年にフィラデルフィアでAIとマッチアップした時が僕にとってはターニングポイントだった。
昨日ばったり会った時に伝えたんだ。

「君は僕にとって影響を与えてくれた」ってね。
1999年の試合で、彼は僕相手に41得点を取ったんだ。まだ覚えているよ。
帰りのバスの中で「最高のディフェンスプレーヤーにならなければいけない。もうこんなに点を取らせるわけにはいかないんだ。」って思ったんだ。
それがアイバーソンが僕に与えてくれた1番の影響かな。

残りのキャリアはディフェンスを強化したよ。
彼が僕をここまで押し上げてくれたんだ。
みんなは知らないと思う。アレン・アイバーソンのプレーがどれだけすごいか。
彼を抑えることがどれだけ大変か。

引用:howdoispk.com

ティム・ハーダウェイ

ティム・ハーダウェイ選手は、左右に何回もふるのではなく一振り大きくするだけで
相手が左右に振られます。

この大きなふりができるのは身長もあり、恵まれた体躯をしている
ティム・ハーダウェイ選手だけでしょうね。

ジャマール・クロフォード

左右にふるだけではなく緩急を使っています。

決してスピードがあるわけではないですが、
相手や仲間の動きを瞬時につかみ取って緩急のあるクロスオーバーを決めていますね。
華麗なプレーですね。

ステファン・カリー

ステファン・カリー選手は左右に大きくではなく、
細かく素早く左右にディフェンスを揺さぶり、相手の体制が崩れるまでやります。

大抵1回のふりで相手がこけてしまいますね。

カイリー・アービング

カイリー・アービング選手はきびきびしたドリブルを含め
2人でも対抗できる素早さがありますね。

ドウェイン・ウェイド

ゆっくりとシュートをするというふうな振りを行い
素早くぬくのがドウェイン・ウェイド選手。

いったん後ろに下がりまた素早くドリブルでぬくのが印象的です。

どうやってクロスオーバースキルを向上させるか

自分の特徴を把握しよう(得意なパターンを見極める)

まずは、自分がどういうプレーでどう動くのが一番なのか把握しましょう。

ドリブルが苦手な人はドリブル練習から行い、
得意な人は強弱のドリブルができるように練習しましょう。

その後スピードをつけて練習したり、
どんな相手でも対応できるよう自分のスピードはある程度把握し、
どれまでのスピードならこなせるかなど把握する必要があります。

その後左右に振る練習などを行うとスキルが向上すると思います。

先ずは動画を見てマネしてみよう

こういうのとかもいいですね。

様々な選手のクロスオーバープレイがありますが、
自分がどのレベルまで真似できるのか把握しましょう。

イメージトレーニングも大切なので様々な選手のプレーを見るのもいいでしょう。

ハンドリングスキルを向上させよう

ハンドリングスキルを向上させるためにはボール一つではなく
二つ使った練習や他の物を使った練習を行います。

片手だけにするよりか両手に神経を使う方がスキルがあがります。

まとめ

・クロスオーバーとは

・クロスオーバーを使うことによるメリットや種類

・クロスオーバーが得意なNBAプレーヤーについて

・どうやってクロスオーバースキルを向上させるか

・ハンドリングスキルを向上させるためには

今回は、クロスオーバーについてご紹介しました。
クロスオーバーを使うことによってのメリットなど詳しく分かったのではないかと思います。

相手によってどのようなクロスオーバーを使えば楽に攻めれるのか、
それを考えながらプレーできる選手になるともっと良いでしょう。

様々なドリブルを知っておくことを心がけましょう。