【バスケ】NBA選手から学ぶディフェンスのコツとその練習法

今回は、バスケットボールにおけるディフェンスについてのご紹介をしていきます。

ディフェンスには1on1とゾーンディフェンスという2種類がありますが、
どういった違いがあるのか、ポジション別での
NBA選手のディフェンスを一緒にみていきましょう。

バスケットにおけるディフェンスとは

ディフェンスの重要性とルール

ディフェンスの時の重要性は、手ではなく足で動くことと、
オフェンスが走りこんできたところをボディチェックで
進路変更させることが重要です。

どうして足で動くのか?

それは、手で相手を止めようとすると
ファウルトラブルを招いしてしまうからです。

チームファウルもあるので、気をつけましょう。

ボディチェックをする意味として、
走りこんだところをすんなりと通しては、
相手の思うツボです。

それでは、意味がないのでボディチェックをして進路変更させ、
相手が攻めにくいようにしましょう。

1on1におけるマンツーマンディフェンス

1on1とは、一人が一人にディフェンスをする形になります。

ディフェンス力が試されるところです。

また、自分がついている人が1on1でぬいてきたとしても、
仲間がヘルプに来てくれたり、連携が重要視されます。

ゾーンプレスディフェンス

ゾーンディフェンスとは、
エリアだけを守るディフェンスになります。

様々な形があり、主に使用されるのは、
ツースリーといって台形をつくります。

ボール万に対し、常にツースリーの形をつくり、
ドライブインできても、パスでふられても、
仲間がヘルプにいき、ローテーションなどをして守っていきます。

ポジション別NBAプレーヤーでディフェンスがうまい(うまかった)選手とその特徴

ポイントガードPG

ラジョン・ロンド

ラジョン・ロンド選手は、
ボールに食らいついていく精神がすごいですね。

鋭いパスに対しても全て狙っていきます。

スティールがとても上手い選手で、
相手が少し油断したところを狙ってスティールしています。

クリス・ポール

クリス・ポール選手は、死角からのスティールを狙っています。

死角からこられるとオフェンスもわからず、カットされやすいです。

シューティングガードSG

マイケル・ジョーダン

マイケル・ジョーダン選手は、
相手がリング下でシュートにいこうとすると、
それをもぎ取るように後ろから叩きます。

相手よりも高く飛ばないとできない技なので、
とてもジャンプ力があります。

コービー・ブライアント

コービー・ブライアント選手は、
ドライブインからのダンクを決めようとする相手に対し、
食らいついていき叩きます。

ダンクも含め全てのシュートに対してブロックしていきます。

スモールフォワードSF

レブロン・ジェームズ

レブロン・ジェームズ選手は、
バレーのアタックみたいにシュートにきたボールを叩きます。

ポール・ジョージ

ポール・ジョージ選手は、
キョロキョロと周りを見ながらディフェンスをしていますね。

スクリーンがきたのも自分でわかり、
目を離したすきに抜かれることが多いのですが、
ポール・ジョージ選手の場合はぬける隙もないくらい
しっかりとディフェンスをしているのがわかります。

パワーフォワードPF

サージ・イバカ

サージ・イバカ選手は、相手が何度もリバウンドして
シュートを打ったとしても全てブロックにいっています。

リング下だとファウルを取られやすいのですが、
上手くブロックしているのがわかります。

センターC

ドワイト・ハワード

https://streamable.com/3kto

ドワイト・ハワード選手は、リング下でチームを支えています。

どんなに大きい選手でドライブしてきても、叩き落としています。

ベン・ウォーレス

ベン・ウォーレス選手は、NBA選手でも身長は低く、
細い体型をしています。

何度もリバウンドにくらいつき、どんなに高い選手でも
リング下は自分が守るといったようにくらいついているのがわかります。

実際にマンツーマンディフェンスの技術を向上させるポイント

マンツーマンディフェンスをするときの基本姿勢

腰を落としすぎないのがポイントです。

膝を落とし、低くすると相手の動きに中々ついていけません。

相手のスピードの速さについていくためには、
重心の移動がしやすい姿勢が一番なんです。

また、曲げる筋肉よりも伸ばす筋肉の方が強いと言われています。
ディフェンスが上手いNBA選手は、背筋が伸びていることが多いです。

強い筋肉でディフェンスする方が良いので、
背筋を伸ばすディフェンスが一番良いと言われています。

ドライブで抜かれないようにするには

抜かれないディフェンスというのは、
ノーマークでシュートを打たせないという意味になり、
相手に簡単にシュートを打たせない、
無理なシュートを打たせるようにするのがコツです。

また、ヘルプが必要にならないようにするのも、
抜かれないディフェンスに求められることになります。

なるべく外に追い出すイメージでディフェンスをすると、
中に斬り込んでこれないので、
抜かれないディフェンスをすることができます。

簡単にシュートを打たせないコツ

簡単にシュートを打たれないようにするというのは、
ノーマークを作らないことが一番の重要ポイントだと思います。

最後までディフェンスを一生懸命したシュートはしょうがないですが、
簡単にスクリーンにひっかかる、またはその後のヘルプが
しっかりせずに打たれてしまう、といったことをなくす必要があります。

簡単に打たせないようにするには、
なるべく最後まで足でディフェンスをし、
食らいついていくことが重要です。

ボールがそもそも入らないようにディナイする

ディナイする方法としては、オフェンスにぴったりくっつくのではなく、
ボールとついている相手に対し間に手を伸ばしカットを狙います。

離れすぎていてもカットが出来ず簡単にボールが入っていしまいます。
上がりすぎていても、裏に走られては意味がありません。

丁度ボールを持っている人と自分が付いている人の
中間が一番良いポジションです。

ディフェンス技術を向上させるために必要なトレーニング

フットワーク

ダッシュ

攻守が変わる毎にバスケは展開が早いためダッシュが必要とされます。
ディフェンスに戻るときも速攻をやられないためにダッシュします。

そのためダッシュが必要になります。

バックラン

ディフェンスは基本的にゴールに背中を向けています。
バックランで走ったほうがボールを見ながら走れます。

バックランはいつものダッシュと逆になるので、
遅いためバックランの練習を行い早いバックランを目指します。

もも上げ

ふとももの筋肉を鍛えます。
ディフェンスをするときに踏ん張る筋肉になるので重要です。

片足ジャンプ

片足だけを使用し垂直にジャンプし片足で着地します。
負荷がかかりジャンプ力が高くになります。
コツとしては胸までももがつくようにします。

サイドキック

足の横を使って水平に飛び片足で着地します。
横にスライドジャンプですね。
なるべく遠く横に飛べるようにします。

ジャンプストップ

ダッシュしながらジャンプし両足で着地します。
両足でしっかり勢いを止めれるように練習します。

筋トレ

スクワット

ふとももの筋肉とお尻の筋肉を強化します。
膝が足先から出ないようにおしりをつきだし
スクワットをするのがコツです。

腹筋

身体がぶれないようにするためには腹筋が必要です。
腹筋で踏ん張り左右にふられたとしても
踏ん張る力がないと左右に思い切りふられてしまいます。

一つの方法としてオススメするのは、
壁に足をのせ膝が九十度になるようにして
お臍を見る角度まで頭をあげ、20秒間止めるというものです。

これだけでも腹筋になり腰にも負担が少ないです。

体幹

腕立てする形になり、そのまま両肘を床につけます。
足は伸ばしたままつま先で伸ばし、1分間保ちます。
お腹、お尻全てに力が入り筋肉トレーニングになります。

たくさん経験する

様々なオフェンスの人に1on1をしてもらい、
自分の弱点を探し、それを克服していきながら
ディフェンス力を強化していきましょう。

たくさん経験することが一番です。

まとめ

・バスケットボールにおけるディフェンスとは何か

・1on1とゾーンディフェンスについて

・1on1を向上させるポイントについて

・ドライブで抜かれないようにするためには

・簡単にシュートを打たせないようにするには

・NBA選手のディフェンスの特徴について

今回は、ディフェンスについて詳しくご紹介させていただきました。
NBA選手が一人一人ポジションごとでどれだけボールに食らいついて
チームのためにディフェンスをしているのかがわかりましたね。

バスケットボールはどれだけディフェンスを頑張ったかで
勝敗が決するときが多々ありますので
地道に練習と経験を積んでいきましょう。