バスケでダブルクラッチしたくない人は読まないで下さい・・・

今回は、バスケットボールのダブルクラッチについて
ご紹介していきたいと思います。

そもそもダブルクラッチってどんな技なのか、
ダブルクラッチのメリット、デメリット、
ダブルクラッチが上手いNBA選手についても一緒にみていきましょう。

そもそもダブルクラッチって?

ダブルクラッチとは

ダブルクラッチはいったんシュートモーションに入ったあと、
空中でボールを持ち変えたりしてディフェンスをかわして決めるシュートを指します。

例えば右手でレイアップシュートに行くと見せかけ、
自分の所にボールを引き寄せ、その後左手でレイアップシュートを打つ、といったシーンが該当します。

ちなみにクラッチ=クラッチシュートというのは、
ギリギリの状況で決められたシュートのことです。
時間的に…とか、ディフェンス三枚越しに…とか決めるのが難しいシュートを指します。

他にもダブルクラッチはレイアップシュートからではなく
リング下のシュートで行う場合もあります。

両手でリング下でシュートを打つときに
ダブルクラッチをして再度両手で打ちます。

場所は移動せずその場で行います。

この場合だと滞空時間は短くても大丈夫です。

どんなときに使う?

レイアップシュートに行った時に、
ディフェンスがブロックを狙ってます。

その場合が一番使いやすいです。

ダブルクラッチを使用することでディフェンスのブロック時間をずらします。

ダブルクラッチが向いてるポジション

ダブルクラッチは、全てのポジションしますが、
基本的にスピードのある1on1をする、ガードとフォワードくらいだと思います。

センターの場合はリング下でのダブルクラッチシュートをすることがほとんどです。

レイアップシュートからのダブルクラッチではなく
リング下でその場でのダブルクラッチになると思います。

どんなプレーヤーがダブルクラッチをするのに向いているか

滞空時間が長い選手がダブルクラッチをします。

レイアップシュートからのダブルクラッチだと、
滞空時間が短い場合はダブルクラッチする前に終わってしまいます。

レイアップシュートすると見せかけ
逆の手に持ち変えるのですから相当な滞空時間が必要です。

また、視野が広くないと出来ません。
どこからディフェンスが来るのかを確認しながら避けてダブルクラッチをします。

ダブルクラッチのデメリット

デメリットは、シュートの正確性です。

レイアップシュートに行こうと思っていたのにも関わらず、
自分でシュート変更を瞬時に行います。
そのシュートでも決めていかなければなりません。

普段からダブルクラッチの練習をして
シュートの確率をあげることが大切になってきます。

また、ディフェンスが、ダブルクラッチ後にブロックしてきた場合には、
そのままブロックされるかトリプルクラッチをするしかありません。

レイアップからのプレーの幅は広がりますが、
絶対にブロックされないわけではないので気をつけましょう。

なぜダブルクラッチを使えた方がいいのか?

レイアップからのプレーの幅が広がる

動画をみて分かるとおり、
ダブルクラッチでレイアップからのバックシュートなどのプレーができます。

左レイアップシュートからの右レイアップシュート等様々なプレイができ幅が広がります。

ディフェンダーが止めようとしてもファールになりやすい

シュートを打っている場合は、
ディフェンスがコースに入っていないとチャージングは狙えません。

オフェンスが動きながら向きを変えてシュートをしているので、
そこで手を出せばファウルになってしまうわけです。

ダブルクラッチを止めようとすると逆にファウルを取られる確率が高いです。

オフェンスからしてみれば、ダブルクラッチも決まり、
フリースローも打てるので、3ポイントになりますね。

NBAプレーヤーに学ぶダブルクラッチのプレー事例動画

マイケル・ジョーダン

マイケル・ジョーダン選手は、ダブルクラッチではなく、トリプルクラッチなんです。

避けて避けてシュートを打っているのがわかりますね。

ジャンプ力があり、滞空時間が長くないと出来ませんね。

コービー・ブライアント

コービー・ブライアント選手は、ダンクシュートにいくと見せかけ
ダブルクラッチ後左手でレイアップシュートを打っています。

アレン・アイバーソン

アレン・アイバーソン選手は、ディフェンスがファウル気味で来ても
自分から向かっていきダブルクラッチをしています。

身長がそこまで高くないのにディフェンスよりも跳んでいるのがすごいですね。

ダブルクラッチを実行するためのポイント

ジャンプ力を強化する

まずは、ジャンプ力をあげます。

動画を見てもらうとわかると思いますが、
ダブルクラッチをするためには滞空時間が必要です。

その滞空時間を長く保つためには、ジャンプ力がとても重要になってきます。

低くジャンプしても滞空時間が長くなるわけではありません。
どれだけ跳んだかにより滞空時間が長くなってくるのです。

【2】ジャンプする位置

 

フリースローラインよりも少し内側で跳ぶのが一番ベストだと考えます。

スピードや勢いがある中、遠すぎても近すぎても中々ダブルクラッチが決まりません。

自分のジャンプ力や滞空時間を考えしっかりと目安となる跳ぶ位置を考えましょう。

【3】どこでシュートを打つか

レイアップシュートやバックシュートと一緒の位置で打ちます。

ダブルクラッチだとしても、レイアップやバックシュートはプレーが変わるわけではないので、
いつも通りシュート打つのが一番です。

レイアップシュートとバックシュートがセットになっただけど考えるといいでしょう。

両手でも片手でもどちらでも自分がやりやすいようにするとよいでしょう。

ボードをうまく使う

バスケットボールにおけるシュートはなるべくボードを上手く使う必要があります。

ボードの力を借りて上手くシュートを打ったほうが入る確率が高いです。

もちろんダイレクトにシュートを決めるというのもありですが、
ジャンプシュート以外ではボードをうまく使ったほうがシュート成功率が上がる場合が多いです。

ちなみにボードの黒い枠の所に当てれば大抵入ります。

強すぎると跳ね返ってくるので優しくおいてくるイメージです。

普段のレイアップシュートと変わりません。

まとめ

・ダブルクラッチとは

・ダブルクラッチのデメリット

・ダブルクラッチを使うポジションについて

・ダブルクラッチが上手くなるためには

・ダブルクラッチが得意なNBA選手

今回は、ダブルクラッチについて詳しくご紹介していきました。

ダブルクラッチはどのタイミングでブロックにくるのか、把握した上で使用しましょう。

ダブルクラッチをしようと思っても出来るものではないので、
練習を積み重ねてディフェンスに合わせてダブルクラッチをしていきましょう。