【バスケ】NBA選手から学ぶリバウンドを取りまくるツボとコツ

今回は、リバウンドを知らない方でも分かるように、
リバウンドをとるコツやリバウンドの重要性について詳しく書いてみました。
また、オフェンスリバウンドとディフェンスリバンドの違いについても触れているので、
一緒にみていきましょう。

そもそもリバウンドって?

リバウンドとは

リバウンドとは、シュートされたボールがゴールしなかった場合にそれをつかみとる、
あるいは味方にティップすることによってボールを獲得するプレーのことになります。

攻撃側が獲得したリバウンドをオフェンスリバウンド、
守備側が獲得したリバウンドをディフェンスリバウンドといいます。

リバウンドは、バスケットボールにおいて最も重要な技術の一つです。
リバウンドに強い選手がいると常に相手から先手をとることができるので、
自分自身も思い切りシュートを打つことができます。

よく”リバウンドを制するものはゲームを制す”
という言葉をよく聞くと思いますが、
私自身バスケットボールをしていて、リバウンドは大事なことで、
リバウンドが取れないことには攻めることも守ることも出来ません。

リバウンドはゲームを左右する技の一つになります。

・オフェンスリバウンド

オフェンスリバウンドというのは、
味方が打ったシュートがゴールに入らずに落ちたボールを掴みとるリバウンドのことです。

オフェンスリバウンドをとれると、攻撃時間も長くなり、
シュートをもう一度打てるチャンスがあるということになります。

・ディフェンスリバウンド

ディフェンスリバウンドというのは、
相手がシュートを打ち、外れたシュートを守備側が取るリバウンドのことです。

ディフェンスリバウンドを取ることができると
相手の攻撃が終了するため自分たちの攻撃に移ります。

なぜリバウンドが重要なのか?そのメリットとは

バスケットボールは、いかに自分たちのチームがボールをとって
攻めの攻撃を多くするかが重要になってきます。

そのためには、相手がシュートを打っても、
自分たちのチームがシュートを打っても
どちらにしてもリバウンドが重要になってきます。

リバウンドを多くとった方が、攻めの攻撃時間が長いという事になります。
相手がオフェンスのときに取れればそれだけ相手の攻撃時間はすぐ終わるということです。

リバウンドはバスケットボールの中でも最も重要なプロセスといっても
過言ではありません。

身長は関係するのか

リバウンドに身長は関係するのか、
よく聞かれることがありますが、関係ありません。

身長が髙いからリバウンドが有利にとれるわけではありません。

身長がなくても、その人よりも高くジャンプする、
または、ボックスアウトで相手を追い出す方法等
たくさんの対策があります。

身長低くても、一回ティップしたあとにリバウンドをとる方法もあるので、
一概に身長の高さだけで決めることはできません。

NBA選手でリバウンドが得意な選手の特徴

・デニス・ロッドマン

デニス・ロッドマン選手は、1回ティップした後に、
ボールを掴んでいるのがわかります。

相手が大きくても、自分が少し早めにジャンプをして、
ボールを弾きまた、自分でとるという技を、
デニス・ロッドマン選手は使っています。

また、何度もジャンプを繰り返してリバウンドをとっていたり、
タップシュートを狙っているのがわかります。

・ディアンドレ・ジョーダン

ディアンドレ・ジョーダン選手ですが、動画をみてもらうと迫力があります。

相手のシュートがリングに当たる前にはたいています。

他の人ではできない技ですね。

身長もあり、ジャンプ力もある、一緒ぐらいの身長の人でもかないません。

また、相手がシュートを打って自分が飛んでいるので、
ボールをはたくことができます。

ブロックですね。

リバウンドを取りまくるために必要なツボとコツ

シュートが落ちる場所の予測とポジション取り

・シュートを打ったサイドの逆側におちる

ゴールに向かって右からシュートを打つと左側に落ちる可能性が高いです。
力強く打つので、その反動で向こう側にボールが飛んでいってしまいます。

なるべく、逆サイドの人が、相手の人をボックスアウトして
リングに対し内側にポジション取りをするのがポイントです。

内側にいることで、相手がリバウンドを取りにくいように制しているので、
自分が有利になります。

・試合の後になるほどシュートを打ったサイドに落ちる

試合の後半になるにつれて疲れてきます。

そうすると力も弱くなるので、シュートが浅くなりがちです。

シュートを打ったサイドに落ちる確率があがるというわけです。

スクリーンアウト

上で書いたように、スクリーンアウトをしっかり行うことがポイントです。

動画であるように、相手の動きを予測してコースをまず防ぎます。

オフェンスリバウンドは飛び込んでとる選手がたくさんいるので、
予測することが大切です。

スクリーンアウトをしっかりやっていないと、
相手にスムーズにボールを渡していることと変わりません。

 

一度で取るのが難しくてもあきらめない

一度でリバウンドをとるのが難しくとも、
諦めずに2回3回と飛んでリバウンドをとりましょう。

1回飛んでティップし、もう一度飛んでつかみとる
という技もあるので覚えるといいでしょう。

また、1回で諦めるリバウンドはもったいないので
何回も食らいつくのがいいと思います。

仲間のシュートのボール回転数を研究する

仲間のシュートのボール回転数がどれくらいなのか研究すると
どこにボールが落ちるかがわかります。

ボールの回転数が強いほどリングの近くに落ちる可能性が高くなります。

仲間が普段どういうシュートを打っているのか、回転数はどうなのか、
シュートが外れた時にどこらへんにいくことが多いのか研究するのが一番いいと思います。

 

【まとめ】

・リバウンドについて

・オフェンスリバウンドやディフェンスリバウンドについて

・リバウンドの重要性

・リバウンドをとるこつ

・リバウンドが得意なNBA選手

今回は、リバウンドについてご紹介いたしました。

リバウンドはバスケットボールでとても重要なプレイになります。

リバウンドをどれほど取れるかによって、そのチームの勝敗がきまると思います。