バスケット選手なら絶対習得しておきたいジャンプシュートの確率を高めるポイント

今回は、ジャンプシュートとは何か、
ジャンプシュートの重要性についてご紹介します。

NBA選手の動画ものせているので参考になるかと思いますが、
ジャンプシュートについて知らない方のために
ジャンプシュートについて詳しく書いてみたので見ていきましょう。

そもそもジャンプシュートって?

バスケットにおけるジャンプシュートとは

ジャンプシュートとは、ジャンプしながらセットします。
ジャンンプしながら打つのではなく、
最高点付近で打つのがジャンプシュートです。

腕の力がいるシュートになります。

なんでジャンプシュートが重要?そのメリットとは

・セットシュートよりもディフェンスしづらい

・ジャンプシュートはジャンプしながらセットして打つことができる

・ディフェンスよりも先に飛ぶのでブロックされにくい

・ボールをもらってすぐにジャンプをしシュートが打てるプレイ

上記はジャンプシュートのメリットではないでしょうか。

NBAでジャンプシュートが得意な選手の事例動画

ステファン・カリー(Stephen Curry)

ステファン・カリー選手は、
しっかり止まって流れるように打つのが特徴的です。

しっかり止まってシュートを打つのでぶれないのでしょうね。

クレイ・トンプソン(Klay Thompson)

クレイ・トンプソン選手は、
ボールをもらって流れるようなプレイをしています。

ジャンプしながらボールを放っていますね。
モーションが早いのが特徴的です。

カーメロ・アンソニー(Carmelo Anthony)

カーメロ・アンソニー選手は、ボールをもらって、
流れるようにシュートを打つのではなく、
ジャンプをして打点が一番高いところでシュートをしているのが特徴的です。

ダーク・ノヴィツキー(Dirk Nowitzki)

ダーク・ノヴィツキー選手は、フェイダウェイシュートをしています。

フェイダウェイシュートとは、後ろにジャンプしながらシュートを打ちます。
身体がしっかりしていないと重心がぶれてしまう難しい技となっています。

レイ・アレン(Ray Allen)

レイ・アレン選手は、ボールをもらって、
ジャンプをして一番打点が高いところでシュートを打つといった
ひとつひとつ冷静にシュートを打っているのが特徴的です。

ジャンプシュートの成功確率を高める上での重要ポイント

ボールをミートするときのポイント

ミートするときのポイントは、ボールに向かってミートをします。

なぜかというとボールから離れるもらい方だと、
自分のところに届くまで時間がかかります。

ボールに向かってもらいに行きながら、
身体はしっかりとリングに向けてミートするのがポイントです。

またボールから離れるもらい方だとファンブルしやすくなってしまうので
気をつけましょう。

シュートを打つときの姿勢

シュートを打つときの姿勢として、
ミートをすると同時に膝を曲げます。

立ったままだと、シュートを打つまでに時間がかかってしまいます。
もらったと同時に膝が曲がっていればすぐにジャンプをすることが可能です。

また、足の幅は肩幅にするのが一番です。
また、両足を揃えるのではなく、
利き足の方を少し前に出すのが特徴です。

これでシュートまでは完璧です。

ボールを離すまでのタイミング

ボールを離すタイミングとしては、
飛んで打点が一番高いところでシュートを打つのがベストです。

まだ飛びきっていないときにシュートを打ってしまうと
ブロックされやすいです。

一番高いところで打つほうがリングにも近づき
キレイにシュートが打てる形になります。

下半身のエネルギーをうまく上半身に伝える

ジャンプは、下半身が重要です。
どれだけのエネルギーを上半身に伝えられるかが鍵となってきます。

膝を曲げて床を蹴り、その力を腕まで持って行きます。
腕の力でシュートを打つという流れになりますね。

フェイクやジャブステップで相手を揺さぶる

ただ単にシュートを打つだけではブロックされてしまいます。

どんなに一番高い打点で打っていたとしても
タイミングを合わされてしまうとよほどジャンプ力があったり、
後ろに下がりながら打つフェイダウェイジャンプシュートでない限り
ブロックされてしまう確率が高くなってしまいます。

ボールをもらってジャンプシュートを打つだけではなく、
相手をゆさぶったりタイミングをずらすために
シュートを打つふりのフェイクを入れてみましょう。

相手が少しでも動いたり、飛んだところを見て、
その後に自分が飛んでシュートを打つ等の工夫を入れてみると
フリーに近い状態でジャンプシュートを打てる確率が上がります。

また、ドリブルにいくふりをしてシュートを打つジャブステップもあります。
相手は、ドライブにくるのを止めようと踏ん張ります。

その隙を狙ってシュートを打つ方法があります。

目線をずらして相手を騙す

仲間を見てパスを出すふりをします。

その後リングにすぐ目線を変えて手を離してシュートを打ちます。

ディフェンスは、相手の目線や身体の向きで何をするか判断をします。
仲間を見てパスを出す振りをするとディフェンスはそちらに反応しやすいです。

ジャンプの方向はリング一直線

身体が斜めだったりするとシュートがぶれることがあります。

両肩をリングに向けてシュートするとシュート率もあがります。
重心がぶれたりするとシュートもぶれるので要注意です。

ドリブル後のジャンプシュートのコツ(プルアップシュート)

ドリブルをしながら自分のリズムを作ります。
プルアップシュートのコツは、
いかに自分のタイミングで打てるかになってきます。

動画を見るとわかりますが、
ドリブル後に両足を着いてからのシュート、
ボールを持っている手と逆足からステップを踏んでからのシュート、
ボールを持っている手と同じ足からステップを踏んでからシュート
などですね。

ジャンプシュートにドリブルがついただけですが、
チェンジオブペースなどで斬り込んでいくと見せて止まって
ジャンプシュートなど様々あります。

ドリブルやクロスオーバーを使うことによってタテやヨコに相手をゆさぶって
自分のタイミングでプルアップシュートすると良いでしょう。

フェイダウェイジャンプシュートのコツ

ゴールより遠い足に重心を移して、
身体を下げながら打つイメージだと打ちやすいと思います。

後ろに跳ぶイメージよりかは、
後ろに重心を置くと考えた方がいいでしょう。

重心がブレないようにするのがコツです。

ステファン・カリーのように高確率で3Pシュートを決めるには

まずは動画でそのすごさをご覧下さい。

バランスの重要性

フォロースルーを固定する必要があり、
すべてのショットに毎回安定性をもたらすことができます。

どのシュートフォームも毎回崩れることなく一定であることが大事です。

シュートフォームに一貫性をもたせる

毎回同じフォームでシュートすることが大事です。

どんな場面でも、同じフォームが大切になってきます。
練習をこなしただけ身につく技ですね。

シュートを繰り返し反復して理想のフォームを習得していきましょう。

クイックシュート

身長がない人、スピードがない人それぞれだと思いますが、
そういう方はボールをもらったらシュートをすぐに狙います。

そうすることで相手は自分のスピードについてくることができません。

以上のことを身につければシュート率は上がっていくでしょう。

まとめ

・ジャンプシュートについて

・ジャンプシュートの重要性

・NBA選手のジャンプシュートの特徴

・シュート率をあげるコツ

・シュートについてのコツ

上記の件について詳しく知れたと思います。
ジャンプシュートの難しさや、ジャンプシュートを打つコツや
重要性について知れたかと思います。