バスケットの攻守で重要になる【ターンオーバー】とその活かし方

今回は、ターンオーバーについてご紹介します。

そもそもターンオーバーとは何か、
ターンオーバーについての解説やターンオーバを減らすためには、
また、誘発しやすいようにするにはどうすれば良いか
詳しく書いてみたので一緒に見て行きましょう。

そもそもターンオーバーって?

ターンオーバーの種類とその定義

・パスミス

パスをスティールされたり、
誰もいないところにパスを出してしまって
相手ボールになってしまうことをパスミスといいます。

また、パスが味方に渡らずコートの外に出たものも含みます。

・キープミス

ドリブル以外で保持している状態で
カットされたものをキープミスといいます。

・キャッチミス

パスの受け手が取れる場所にボールが来ていたのにも関わらず、
キャッチミスをしてしまった場合には、
パスの受け手のターンオーバーになります。

・ドリブルミス

ボールをドリブルで保持している状態で
カットされたものをドリブルミスといいます。

どういう時にターンオーバーになる?

オフェンス

足が止まった状態だとターンオーバーしやすくなります。

足が止まるとディフェンスは追い込みにかけます。
また、ドリブルの後は、シュートかパスなので、
つめれば、パスしかありません。

そこでパスミスを誘ってきます。

ディフェンス

オフェンスの足が止まった時、
また、タイミングよくパスを出した時にターンオーバーしやすくなります。

ディフェンスもオフェンスが止まったからといって
何もしないわけではありません。

止まった時こそカットしやすいので狙います。

どうすればオフェンスでターンオーバーを減らせるか

ムダなドリブルをなくす

無駄にドリブルをつくと、攻める時間も短縮されます。
また、ドリブルをただ単についているだけだと
スティールを狙われやすくなります。

1on1に攻めるドリブル、相手をぬいて仲間が打ちやすいための
空間を作るためのドリブル以外はなるべくパスでつなぐことを考えましょう。

ハンドリング強化

ハンドリングが弱いと相手にボールを捕まれ
持っていかれることが多々あります。

ハンドリングが強いことで、パスを出す力も強まったり、
カットされにくいドリブルをつくこともできます。

パスの連携の強化(スペースのあるところでプレーする)

パスアンドランを強化するとカットしにくいです。

走っているところにパスを出せば
ディフェンスがカットにきたとしても
大抵身体がぶつかるのでファウルになります。

パスだけで攻めれチームは無駄なドリブルが少なく、
攻めるポイントをおさえているのがわかります。

スペースのない1on1をやめる

ディフェンスも仲間も狭い位置にいるところにドリブルで攻めていくのは、
自分の首を占めているのと一緒です。

なるべく広いところで1on1をすることがオススメです。

自分も攻めやすく、ターンオーバーになりにくくなります。

ロングパスやゆるいパスをやめる

なるべく遠くのパスを控えることが大切です。
空中に飛んでいる時間でディフェンスは
ボールに追いつくことができます。

また、鋭いパスでない場合、カットしやすくなります。

細かいパスをやめる

近くにいすぎてのパスをすると、狭いところでのパスになります。
オフェンスとディフェンス4名いる中で優しいパスをすることはやめましょう。

近くの人にパスを出すのであれば、
なるべく、自分が壁となって手渡しパスをして、
スクリーンになるようにしましょう。

ディフェンスでターンオーバーを誘発させるために

スティール

仲間のヘルプディフェンスがしっかりしているのであれば、
ガードやフォワードがスティールを狙っていきます。

スティールを狙ってもローテーションディフェンスが出来れば問題ありません。

なるべくドリブルしているときに、積極的に手を出して
ファウルにならない程度にカットを狙います。

スティール以外にミスを誘発させる

・ダブルドリブル

ドリブルした後に、つめます。つめることにより、
相手の体制が崩れてパスを出すかドリブルをするかの2択になってきます。

基本的に、仲間のディナイが厳しければ、
パスが出せないためにドリブルをついてしまうことが多々あります。

・トラベリング

軸足をずらさせるように追い詰めます。
軸足を自分の股の間にいれ、追い詰めることで、
ミスを誘うことができます。

追い詰めることで軸足がずれるのでトラベリングになります。

・パスミス

止まった状態で追い詰めること、近くにいるオフェンスに対して
ディナイを徹底的に厳しくあたることをすれば、パスミスにつながります。

オーバータイム

・バックコートの8秒オーバータイム

オールコートでディフェンスを行い、
ボールを持っていない人のディフェンスはディナイを徹底的にします。

ドリブルをついている人にデイフェンスする時は、
右か左かどちらに行かせるようにするか必ず絞ります。

一人では中々8秒ととるのは厳しいので、
ダブルチームで追い込んだりする場合もあります。

・制限区域の3秒オーバータイム

センターなどが、長方形の中でドリブルした後に
ディフェンスに囲まれて身動きが取れない場合に3秒オーバーになります。

その場合、シュートをするか、パスをして、
長方形の外にすぐ出るかの2択しかないため、

]長方形の中で止まった場合は、ダブルチームでいって
3秒オーバータイムを狙うのがいいでしょう。

・スローイン時の5秒オーバータイム

スローインの場合は、ディナイやスクリーンへの対応を
必ずやっていくことが大切になります。

ボールを出す人につくディフェンスは
なるべく視界を狭くさせるのがポイントです。

24秒バイオレーション(シュートを打たせない)

24秒をとるためには、ダブルチームやきついディフェンスを行うことです。

抜かれてもヘルプディフェンスがしっかりしていて、
ローテーションが上手くいけば24秒とることは可能です。

難しいシュートを打たせる

・ディナイディフェンスでノーマークを作らない

ドリブルに対してのディフェンスも厳しく、
また、仲間に対してもパスカットを狙い、
ノーマークも作れない状況だと一番シュートが難しくなります。

24秒という縛りがあるため、
リングに当てないと相手ボールになってしまいます。

そのため、仲間にパスが出せない場合は、
狙うというより投げるしかありません。

無理やり投げて、リングに当てリバウンドをとるという手法を使います。

・ダブルチームディフェンスを行い雑なシュートを打たせる

ダブルチームというのは、ボールを持っている人に対して
2人がディフェンス行います。

ダブルチームで来られた場合は、パスしかありません。
ドリブルをついてしまうと必ずカットされてしまいます。

ロング下で結構多いのですが、ダブルチームに来た場合に、
3秒があるのでこの場合も投げるしかありません。

リング下で投げるシュートは近すぎて力が入るのでシュートが中々入りません。

また、普通のステップインシュートは打てず、
フックシュート気味になるので、入りにくくなります。

まとめ

・ターンオーバーとは何か

・オフェンス、ディフェンスにおけるターンオーバの説明

・ターンオーバーを少なくするには

・ディフェンスはターンオーバにどうやって追い込むのか

・難しいシュートを打たせるためには

ターンオーバーについてご紹介していきました。
ディフェンスにとってはターンオーバすることで攻める時間が長くなります。

逆にオフェンスにとっては、ターンオーバが勝敗を左右するので、
減らしたいところですね。

ミスなく攻めるのが一番いいのですが、中々厳しい部分もあります。
なるべくターンオーバを減らし勝てるようにしていきましょう。