バスケのディフェンス強化の観点で絶対知っておきたい”ゾーン”とは

今回は、バスケットボール選手における”ゾーン”について
ご紹介していきたいと思います。

ディフェンス強化の観点で絶対しっておきたい”ゾーン”とは
どういうものなのか知らない人もたくさんいると思います。

ゾーンディフェンスについて詳しく書いてみたので一緒に見ていきましょう。

そもそもゾーンディフェンスって何?

ゾーンディフェンスとは

特定の相手選手につかず、自分の陣地であるエリアのみを守ります。

それぞれの選手が各ゾーンを受け持ち、
自分の受け持つゾーンに侵入してきた相手選手に対して
守備をおこなうといものである。

また、ボールホルダーに対しては原則として最も近い選手が守備を行います。

ゾーンディフェンスとマンツーマンディフェンスの違い

ゾーンディフェンスは、全員で守る、エリアのみを守るというディフェンスで、
マンツーマンは一人一人が誰につくのかをある程度決めておき、
その人を主にマークするこを意味します。

ゾーン”プレス”ディフェンスとは違うの?

ゾーンプレスディフェンスというのは、
エンドラインからスローインする前から仕掛け相手のミスを誘い
ボールを奪うために置こうな守備になります。

ゾーンディフェンスはハーフから、
ゾーンプレスディフェンスはオールコートで行うという違いがあります。

ゾーンディフェンスのメリットとデメリット

メリットとしては、選手同士のバランスがとりやすく、
守りやすい、守りぬけなくてもすぐに仲間がフォローできる位置にいることです。

デメリットは、自分の範囲のみ守るためマークの受け渡しや
どちらがマークするか迷ったりという考えのずれが生じます。

どういう場面でゾーンディフェンスを採用する?

マンツーマンで点数を取られすぎたり、
ドライブインがうまい人がいた場合に採用します。

また、相手だけではなく仲間の体力が不十分であり
持たないと判断した場合に採用することが多いです。

ゾーンディフェンスの種類とポイント

2-3ゾーン、2-1-2ゾーン

2-3ゾーンディフェンス

バスケの中でも最も一般的なゾーンディフェンスになります。

トップに二人、ブロック周辺に二人、
ペイントエリア内に一人のポジショニングを行います。

前が二人、後ろが三人で大きな台形を作るイメージです。

2-1-2ゾーンディフェンス

2-3のゾーンディフェンスでペイントエリア内にいた一人が
ブロック周辺にいた二人よりも少し前に出て真ん中を守ります。

真ん中にディフェンスがいるとオフェンスも中々中まで攻めることができません。

3-2ゾーン、1-2-2ゾーン

3-2ゾーンディフェンス

2-3ディフェンスとは逆になります。

前が三人で後ろを二人としスリーポイントが入る人を守ることができます。
後ろの守りが少し緩くなるので、後ろにいる二人は中に入られないように注意することです。

1-2-2ゾーンディフェンス

一人がトップにでて二人がフリースローライン、
その次の三人は45度らへんにたち1-2-2の形をつくりディフェンスを行います。

ドライブインに対してのカバーがすぐとれる状態になっています。

ボックス1、ダイヤモンド1

ボックスワン

ボックスワンとは一人はマンツーマンノディフェンスを行い、
他の4人についてはゾーンディフェンスを行うことを指します。

残りの4人は2-2という正方形の形で守ります。

ダイヤモンドワン

ダイヤモンドワンとは、一人はマンツーマンでディフェンスを行い、
他の4人が1-2-1のダイヤモンド型を作って守ることを指します。

ゾーンプレスディフェンスの種類とポイント

1-2-1-1ゾーンプレス

1-2-1-1ゾーンプレス(フルコートプレス)は、
最も激しいフルコートディフェンスの1つです。

前線からボールマンにプレッシャーをかけ、
コーナーに追い出して積極的にダブルチームを仕掛けることで、
相手のターンオーバーを誘発するディフェンスです。

1-2-2ゾーンプレス

1-2-2ゾーンプレスは、効果的にダブルチームを仕掛けて
ターンオーバーを誘発できるディフェンスです。

フリースローライン(3/4)からディフェンスをはじめ、
ボールマンに常にプレッシャーを与え、
サイドラインとセンターラインを活用するのが特徴となります。

また、ダブルチームを仕掛けるポイントを、
前線からとするのかコフィンコーナーからとするのかによって、
ディフェンスのプレッシャーの強さをコントロールすることができます。

3-1-1ゾーンプレス

3-1-1のディフェンスは前が三人ハーフコートに一人、
フリースローラインに一人のディフェンスです。

前でプレッシャーをかけて確実にカットが狙える選手でないと
このディフェンスは不利になってしまいます。

大きいパスや切込みが速い選手がいるとリング下を
一人もしくは二人で守らなければいけなくなります。

あまり使われていないディフェンスではありますが
前でカットが狙えるのであればとても有利なディフェンスになります。

NBAでのゾーンディフェンス事例

1-2-2のゾーンプレスディフェンスです。
オールコートでのディフェンスは大変ですが、

NBA選手にとっては足も速ければ瞬発力もあります。

オールコートでディフェンスするのは簡単なものなのかもしれません。

まとめ

・ゾーンディフェンスとは

・ゾーンディフェンスとマンツーマンディフェンスの違いとは

・ゾーンプレスディフェンスとゾーンディフェンスの違いは

・ゾーンディフェンスの種類とポイントについて

今回は、ゾーンディフェンスについてご紹介しました。
ゾーンディフェンスとマンツーマンディフェンスの違いについて
詳しく分かったのではないかと思います。

相手によってディフェンスをかえることは難しいことではありますが、
賢いプレーヤーともとれます。

様々なディフェンスを知っておくことを心がけましょう