筋肉痛知らずで最高のパフォーマンスを実現!プロは愛用している噂の物質Part①

ここ数年、健康意識が高い人が増え、
毎月のように新しい健康補助食品が発売されていたり、
新しい成分が取り上げられておりますね。

今回は、世界で一番小さい物質。
原子番号『1番』の水素にスポットをあててみます(^^)

card-300x220

 

 

 

 

 

 

今、多くのメディアに多く取り上げられている『水素』。

世間では水素水は美容やアンチエイジングの効果ばかりが注目されていますが、
水素の効果はそればかりではありません。

その効果を期待し、
多くのプロアスリートが水素水水素サプリメントを愛用しています。

ある大学のスポーツ医学専攻の教授の実験では
水素の摂取で乳酸の上昇抑制や筋疲労が抑えられたといっています

そしてプロアスリートのインタビューやアンケートには
水素を取り入れる理由に様々な効果を挙げています。

回復力」「コンディション作り」「体調管理」「疲れにくい」
「夜よく眠れる」「朝スッキリ起きられる」などなど…。

アスリートによっては飲むタイミングや効果は様々のようですが、
日常的に水素を取り入れる習慣があるようです。

身体の『サビ』の原因

日々の生活において呼吸をすることによって酸素を
取り込んでいます。

スポーツに生涯を捧げたアスリートの多くは
60代でなくなる方が多いそうです。
(※個人差があります。)

日本人は女性で86.61歳、男性80.21歳が
平均寿命と言われているので、アスリートの方は
明らかに短命というのがわかります。

5f19f8038b959234c30f03075d8068f4

 

 

 

※厚生労働省より引用

原因は『活性酸素』と言われるものです。

『活性酸素』とは、『体のサビ』とも言われるもので、
細胞を『酸化させる力』が非常に強力です。

細胞が酸化すると細胞の老化が早まり、
体内のあらゆる組織が衰えていってしまします。

中でも24時間活発に活動している肝臓では
他の部位に比べて活性酸素が発生しやすい環境にあるといえます。

肝臓はグリコーゲンという体内でエネルギーを一時的に保存しておくための物質がつくられる臓器で、
試合のときにエネルギーを最大限発揮するために、密接に関係している
アスリートにとっては大事な臓器のひとつです。

肝臓の機能が低下してしまうと
疲れやすくなったりやる気がなくなったりなどの症状が出てきます。

また、減量が必要な選手であれば
体内の酸化により、身体の機能が滞ることで
肥満の原因にもつながってきます。

効率良く、減量していくためにも
水素の存在は欠かせないといえるでしょう。

活性酸素発生要因とは

・喫煙
・飲酒
・スマートフォン
・テレビ
・排気ガス
・ストレス
・食品添加物の摂取
・残留農薬の摂取
・過度の運動
・紫外線

など、健康を気にしている方でも
現代人であれば誰もが活性酸素を毎日、発生させています。

アスリートであれば、運動量が一般人に比べはるかに多いのと
屋外で競技をする選手であれば紫外線を多く浴びてしまうので、
活性酸素の発生量はかなり多くなります

グラフィックス2 

 

 

 

 

 

 

 

グラフィックス4

 

 

 

 

 

 

 

グラフィックス3

 

 

 

 

 

 

 

中でも一番、活性酸素を放出するのは
大食い』です。

体を大きくしていく体作りをする選手は、
食事もトレーニングの一つと言われるくらい
しっかり食事をとります。

その分胃袋が大きいので、オフシーズンや引退後は、
気持ち的な開放感も大きく、食事の量が極端に多くなりがちなので、
食べすぎには注意しましょう。

水素効果的な取り入れ方

・強いストレスがある時
・添加物を多く口にした時あるいは
・激しい運動をした時

など体にストレスがかかりそうだと予想されるのであれば
事前にとっておきましょう。

また、ハードなトレーニングをし筋肉痛になりそうだな、
と感じたときは大目に摂取するとよいでしょう。

こうすることで、活性酸素の発生を抑えることが出来て
体の老化を防止することが出来るのです。

水素は、長く続けることで
効果が実感できると評判です。

体は一生、付き合っていくものなので
日々のケアが何よりも大切になってきます。

まずは試しに1か月、継続して水素を摂取し、
体が軽くなっていくのを体感してみるとよいでしょう。

今、生産性高くトレーニングしていくためにも
将来的に元気でいる為にも、
水素を味方につけて、生涯現役を目指していきましょう!

次回は、水素の選び方について紹介します♪

グラフィックス7