大野将平〜有言実行の「最低でも金」

「最低でも金」〜その言葉の裏にある素顔は〜

 13936795_1065929376828013_56137046_n

 

 

 

 

 

 

「最低でも金」

過去の金メダリストと同じ決意で五輪に挑んだのは、
リオ五輪柔道男子73キロ級の大野将平選手。

 

言葉の力強さが示すように
圧倒的な強さと気迫を持ち合わせて挑んだ今回のリオ五輪。
そんな大野選手が持つ強さの秘密と素顔について見ていきます(^^)

 

兄の影響で始めた柔道

 

生まれは山口県山口市。
お兄さんの影響を受け、7歳で柔道を始めます。

柔道には高い情熱を注いでいた大野選手。

小学校を卒業した後はお兄さんに続いて、
東京にある有名な道場「講堂学舎」に通います。

練習には一切の妥協を許さず、いつでも真剣勝負を挑み、
先輩でさえ組み合うのを躊躇したといいます!

このころからすでに気迫に満ちていたのですね!
気迫と情熱でメキメキと実力を伸ばしていき、

高校2年のインターハイ73kg級で優勝。

大学では2年のときに全日本ジュニアで優勝すると、世界ジュニアでも優勝します。

13936884_1065929326828018_699113879_n

 

 

 

 

 

 

切れの良さが光る大外刈

 

13956936_1065929300161354_1696710671_n

 

 

 

 

大野選手の得意技といえば、内股や大外刈。

切れの良さと外国選手にも負けないパワーは、相手を圧倒します。

 

今のようなスタイルを作ったのは大野選手が中学生のころ。
最初に提案したのは、お兄さんだと言われています。

オリンピック60kg級で3大会金メダルを獲得した野村忠宏さんは、
大野選手が高校3年生の時に稽古をし、
「大野と組んだことのある選手は誰もがその技に恐怖を感じているはずだ」と話しています。

 

オリンピック選手をも威圧する度胸と気迫には驚かされます。

順調に練習を重ねていた柔道人生に影を落としたのは
大学在学中に柔道部で起きたある不祥事でした。

 

事件発覚〜それがきっかけで見えたもの〜

 

当時、主将を務めていた天理大学柔道部で暴力事件が起こります。
4年生が1年生部員に対して複数回暴力を振るい、ケガをしていたことが明らかになりました。

主将の大野選手は現場にいたものの、直接暴力は振るっていないとされていました。

しかし、後の調査で大野選手自身も関与していたことがわかり、
3ヶ月の活動停止、さらには全日本柔道連盟の強化指定選手から外されてしまいます。

活動停止中には、東日本大震災のボランティア活動などにも取り組みます。
その時のことを後にこのように語っています。

「人間としてどうあるべきか、改めて考えさせる3ヶ月だった」

「最強かつ最高の選手になれるように努力したい」と話しています。

人としてのあり方の大切さに気づいたことで、
柔道にかける想いはますます強固なものになったのでしょう。

世界へ挑む

 

2014年、不祥事後初の大会では、決勝で一本勝ちして大会初優勝を飾ります。

同年 世界団体 73kg級 優勝

2015年 世界柔道選手権大会 優勝

近年、自身でも粘り強くなったと豪語するほど
安定した成績を収めます。

今年、リオデジャネイロ五輪に出場する大野選手について、井上康生監督は

「金メダルに近いのは大野だ」と力強く語り、期待の高さが伺えます。

 

強くて美しい「日本の柔道」を突き通す

 

13956772_1065929520161332_1381871146_n

 

 

 

 

 

リオ五輪の決勝は、アゼルバイジャンのルスタム・オルジョフ選手と対戦。

得意の内股で「技あり」を奪うと、小内巻き込みを決めて一本勝ち。

試合後、大野選手はカメラに向かってこう語ります。

「柔道という競技のすばらしさや強さ、美しさを伝えられたと思う」

柔道に対するひたむきさを感じます。

さらに続けます。

 

「金メダルに見合う人間になれるように
謙虚にひたむきに精進したい」

 

強くなるだけではない、人として鍛錬を重ねる。

人間としてのあり方を見つめ、柔道に邁進してきたことが
この言葉に込められています。

大野選手、感動をありがとうございました*\(^o^)/*