アスリートは知らなきゃ損!ゾーンに入るために必要な○○とは

こんにちは。
最近高反発マットレスで有名なエアウィーヴが
欲しくてたまらないゴールドメダル.jpサイトオーナーの新垣です。

さて、今回はアスリートがハイパフォーマンスを発揮する上で
非常に大切な “ 睡眠の質 “についてです。

アイキャッチ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜ睡眠の質についてかと言うと、睡眠の質が
パフォーマンスに与える影響はかなり大きいためです。

“睡眠の質”がパフォーマンスに影響する事例は?

実際、早稲田大学競走部の長距離ブロックに所属する駅伝選手は、
合宿中は10~12時間くらい眠っているそうです。

04_px240

 

 

 

 

 

 

これは、毎日50キロ近く走る合宿中は、
パフォーマンス維持のために、睡眠が不可欠となるからです。

夜の睡眠だけでなく、昼寝や早朝の練習の後にも睡眠を取り入れるなどして、
睡眠によって疲労や体力を回復し、高強度なトレーニングに対応しているようです。

また2012年に行われたロンドンオリンピックは日本国内を大いに沸かせましたが、
その開催前に、味の素㈱と日本オリンピック委員会がアスリートを対象に
体調管理に関するアンケート調査を実施しています。

その結果から、体調管理において重要なこととして、
「しっかりと眠る」をあげたアスリートは
全体の84.5%に上り、トップとなりました。

2011年に発表されたスタンフォード大学の研究では、
バスケットボール部の選手に5~7週間、通常より約80分~110分ほど
長い1日10時間睡眠を推奨したところ、

フリースローの成功率や、
ダッシュ走の記録などが上がったそう。

さらに、やる気や集中力は向上し、
緊張感や倦怠感といったネガティブな要素は
下がる結果になったそうです。

パフォーマンスだけでなく、
メンタルにも睡眠が深く関係していることがわかります。

また、アスリートは平均8時間4分の睡眠時間を
とっていることもわかりました。

2010年NHK国民生活時間調査によると、
日本人の平均睡眠時間は7時間14分で、
その差は50分と、

アスリートがいかに積極的に
睡眠をとっているかがわかります。

つまり睡眠の質がパフォーマンスの質を決めると言っても
過言ではないのです。

結局パフォーマンスをUPする”睡眠の質”ってどんな感じなの?

じゃあどんな睡眠が質がいいのでしょうか?
長いほどいい、というわけでもないのが、睡眠時間です。

浅い眠りで長く眠るよりは、短くても熟睡できる方が、
疲れがとれることもあります。

このカギを握るのが、眠りに入った直後からの3時間。

図のように、眠りにはリズムがあります。
就寝後すぐに現れるのが「ノンレム睡眠」で、
「脳の眠り」といわれる深い眠り。

hsp0803_2_img1

 

 

 

 

 

その後「体の眠り」といわれる浅い眠りの「レム睡眠」となり、
これが一晩に4~5回くり返されます。

 特に就寝後3時間の一番深いノンレム睡眠で、
脳を休ませてメンテナンスをしているため、
いかにこの時間に深い眠りを得られるかが大切。

そのためには、眠りに入るまでの時間が短いことが
質の高い睡眠となるポイントです。

どうすればパフォーマンスが上がる睡眠をとることができるのか?

その鍵は習慣的な運動にあります。
運動するとぐっすり眠れることはよく知られていますが、
実は、一日運動しただけでは、その日の睡眠の質は大きく向上しません。

 

ということは

そうです!!
習慣的な運動が睡眠の質に影響しているということです。

では習慣的な運動とはどのような強度でどのくらいの頻度で
行うのが良いのでしょうか?

いきなり答えから言ってしまいますが、
ウォーキングなどある程度心拍数の上がる運動を週に数回行えば、
質の高い睡眠が得られるといわれています。

ちなみに運動する時間帯ですが、
午後から夕方がオススメです。

というのもヒトの体温は日中に高く、
夜に低くなるというリズムで変動しているため、
体温が上がる午後は高強度の運動に向いているからです。

午後から夕方にかけて、
習慣的に運動できると、
睡眠の質が向上します。

適度な運動をすることで良い睡眠をとり
パフォーマンスをアップするだけでなく、
体の調子そのものも良くしていきましょう!

まずは自分の睡眠状態をチェックするために
スマホアプリなどを使ってあなたがどれくらい
眠っているのかを把握することから始めてみましょう!!