【バスケ】ここぞ!という勝負所で使いたいユーロステップを決めるコツ

今回はユーロステップについてご紹介していきたいと思います。

そもそもユーロステップとはどんな技かご存知でしょうか。
ユーロステップがどんな技なのか、
ユーロステップについて知らない方にわかりやすく書いたので一緒に見ていきましょう。

 

そもそもユーロステップってなんですか?

ユーロステップとは

まずは、ユーロステップまたの名をジノビリステップについて説明します。
ユーロステップとは、ボールを持ってからの
1歩目と2歩目の進行方向を左右逆にするステップになります。

いわゆるジグザグステップになります。
1歩目を右に思いっきり踏み込んだら、
次の2歩目はディフェンスをかわして左方向に行きます。

そうするとノーマークでシュートが打てます。

普通のレイアップシュートだと、左右同じ方向に向いてリングまで一直線ですが、
ユーロステップだと、左右にふるので、一直線ではなく、斜めに進むイメージになります。

ディフェンスを交わす技としてはいいかもしれませんね。
簡単に交わせる技ではないのでたくさんの練習が必要となってきます。
身につけられた時にとても嬉しい技となると思います。

ユーロステップが得意なNBA選手の事例動画

NBAのドウェイン・ウェイド選手の動画を見てもらうとわかると思いますが、
1歩目と2歩目が大きく左右にふられていますね。
これがユーロステップになります。

ドリブルをつく前のフェイクをシュートの技で使うことができます。
ドリブルをつく前に右に行くと見せかけて左にドリブルしたりする人がいるかと思いますが、
そのフェイク技をボールを持ったままフェイクシュートにいけます。

いかに、大きく左右に相手をふるかがポイントになってきます。

なぜユーロステップはディフェンスをかわせるのか

ディフェンスは、レイアップに来ると予想しています。
しかし、誰でもユーロステップでくるとは思っていません。
1・2のステップで普通にレイアップにくると予想します。

そのため、レイアップをブロックする体制になります。
1で踏んだステップの方向にディフェンスはすると同時に、
後ろ足に重心が行きます。

後ろ足に重心が行くと、2のステップの時に構えているので
タイミングがあえばブロックしやすかったり、ディフェンスしやすかったりします。

しかし、2歩目を逆側にふられたときディフェンスは、
後ろにいっていた重心をまず前に重心をかける必要があります。

その後に逆方向に身体を向けなければなりません。
そうしているうちにディフェンスはかわされ
シュートを打たれている時間になってしまいます。

ユーロステップは時間差があり、オフェンスに有利な技になります。
決して簡単な技ではありません。
右に体重をかけていたのを左に体重を逆方向にかけるので難易度の高い技と言えるでしょう。

相手を抜けるユーロステップを身につけるためには

ステップバイステップ

一歩一歩階段的にステップを踏みます。
また、一歩一歩を大きく踏みます。
左に大きく踏み込んだら、右に大きく踏み込んでシュートをするイメージです。

ハンドリング

身体を左右に揺らすことで身体のバランスが崩れることがあります。
そんな中、ハンドリングがしっかりしていないと、
カットされやすかったり、イージーミスをおこします。

身体を左右に思いっきりふるので、ハンドリングがしっかりしていないと、
大事な場面でボールを落としてしまいます。

身体だけではなく、全身で左右にディフェンスをふり、
フェイントをかけるため、ハンドリングが大事となります。

しかし、シュートだけではなく、全てにおいてハンドリングは大事なので
しっかりハンドリングを強化しておきましょう。

相手の動きを感じる

相手の動きを感じることができないとユーロステップは難しいです。
相手の動きを瞬時に読み取って動くのがユーロステップになります。

相手の動きを感じられるように練習が不可欠です。
練習をすればするほど相手の動きや視野が広がってきます。
ボールを見なくてもユーロステップが出来るようにすることが大事です。

スピードについて

スピードをあげすぎると重心がぶれてしまいます。
自分に合ったスピードを身につけることが大事なポイントです。

遅すぎでもディフェンスにブロックされやすくなります。
また、早すぎると、スピードにのりすぎ、重心がぶれやすくなってきます。

重心がぶれやすいとシュート率も下がり、ブロックされやすくなってしまいます。
早すぎず遅すぎずのスピードを掴みましょう。

一歩目の踏み込みを大胆に

ユーロステップを試みて失敗する人はたくさんいます。
その人たちに共通しているのが、一歩目が浅いことなんです。

浅く踏み込んでもディフェンスにとっては無意味です。
大胆に踏み込むことでディフェンスを振り切ることができます。

こんなに踏み込んでもいいのかなぐらい大腿にしてもいいと思います。
まずは、一緒にバスケしている人にビデオなどとってもらって練習するのもいいかと思います。
慣れてくると相手によって歩幅の調節が出来てくるので練習が必要になってきます。

まとめ

・ユーロステップについて

・ユーロステップとはどんな技なのか

・ユーロステップが得意なNBA選手について

・ユーロステップの身につけ方

・ユーロステップに関する大事なこと

ユーロステップについて詳しく書いてみましたがいかがだったでしょうか。
始めてユーロステップに挑戦する人もいるかと思いますが、
左右に大きくふるイメージをもってプレイすれば上手くいくかと思います。