バスケットで得点率を上げる仲間を生かすためのスクリーンプレイ

今回は、スクリーンについてご紹介していきたいと思います。

スクリーンという技はご存知でしょうか。
スクリーンについて、詳しく知らない人もいるかと思います。

スクリーンをどういう時に使うのか、
スクリーンについて詳しく書いたので見ていきましょう。

そもそもスクリーンって?

スクリーンとは

スクリーンとは、相手プレーヤーの動きを遅らせたり、
動ける範囲を制限するプレーになります。

味方のプレーにマッチアップしているディフェンスの動きを制御し、
味方のプレーヤーが動きたい場所へ助けるプレーです。

どういう時に使う?

オフェンス

仲間のプレーヤーがディフェンスからのプレッシャーがきつくて動けない状況だったり、
シュートを打ちやすくするためにスクリーンをかける方法があります。

また、ボールを持っていない仲間同士で、フリーを作るプレイもできます。
フリーになったプレーヤーがノーマークでボールをもらい、シュートに繋げるプレーです。

ディフェンス

ディフェンス側は、スクリーンをされたときに、
どう切り抜けるか、どうスクリーンを対処していくのかをご紹介していきます。

ファイトオーバー

スクリーナー(スクリーンをかけるプレーヤー)とボールをもっている人との間のスペースに割り込み、
ディフェンスはチェンジせず自分で食らいついていく方法です。

縦に責めさせるのではなく、横に責めさせ、
リングへと近づくことを許さないディフェンス方法になります。

スライドスルー

スクリナーの後ろを通ります。
スクリナーとスクリナーについている仲間との間になります。

仲間がボールについているディフェンスの腰を押して、
相手がドリブル行く方向へ押して手伝うプレイをしてあげると、
スピードをつけたままデイフェンスをすることが可能です。

スイッチ

スクリーンにかかってしまって、自分がディフェンスできない場合は、
スクリナーについていたディフェンスとチェンジし、攻撃を遅らせてもらいます。

スイッチは基本的に行います。
しかし、相手からしてみれば有利になるので、
その後の動きを気を付けなければなりません。

ショーディフェンス

スイッチ後に仲間が攻めを遅らせてくれます。
その後にまた、ディフェンスを元に戻します。

元に戻す理由として、チェンジした場合に
ミスマッチが生まれる可能性があります。

そうすると、相手はシュート打ちやすくなってしまいます。

スクリーンの種類

ボールスクリーン

ボールをもっている選手にスクリーンをセットする基本的なプレイです。
ガードとセンター、フォワードとセンターのセットが多いです。

あまり、ガードとフォワードがすることがありません。
理由としては、ガードとフォワードでしてもミスマッチが中々生まれませんが、
センターとすることによってミスマッチが生まれます。

相手がディフェンスをチェンジした瞬間がチャンスです。

ハンドオフ

ドリブルをし、手渡しパスをすると同時にスクリーンになるプレイです。
センターがハイポストや45度でボールをもらい、
ガードフォワードが走りこんで手渡しでボールを受け取り、
そのまま、センターがスクリーンとなってノーマークでレイアップにつながるプレイが多いです。

ドリブルハンドオフ

スクリナーになるプレーヤーがドリブルしながらユーザーに近づき、
ユーザもスクリナーに走りこみます。
それとハンドオフを合わせたプレイになります。

ダウンスクリーン

オフボールで行い、自分よりも下にいる味方にスクリーンをするプレイです。
仲間をフリーにしてシュートや1対1を攻めやすくします。

フレアスクリーン

ダウンスクリーンの逆です。ボールから遠ーい人が、
ボールに近い人にスクリーンをかけてもらい、裏を狙うプレーになります。

スタックスクリーン

スクリナーはあらかじめローポスト付近でスクリーンをセットしておき、
ユーザーがそのスクリーンを利用して45度付近でボールをもらうプレイです。

45度からの2対2を行うときに基本的に使うプレイになります。
他のスクリーンはスクリナーが動いていましたが、
スタックスクリーンについては、スクリナーは止まっておき、
ユーザがそれを利用してスクリーンを作るプレーになります。

スクリーンを決めるコツ

体の使い方

引用:長岡市 バスケットボール サークルより

スクリーンを決めるコツとして、
ディフェンスをロックする感じでどっしり構えます。

画像のように、思いっきり足を開いて仲間のために壁を作ります。

仲間との連携

動画をみてもらうと分かるように、
1テンポでも遅れてしまうと仲間との連携が上手くいきません。

しかし、スクリーン後のプレーがたくさんある中で、
連携をとっていかなければなりませんが、
お互いのことがわかっていたら、だいたいのしたいプレーがわかってきます。

しっかりボールをみていることが大事です。連携プレーが決まると楽しいです。

NBAでも使われているスクリーンプレーの事例

スクリーンのプレーがたくさんありますね。
NBA選手で一番好きなのがカリー選手なんです。

スクリーンの使い方や、ガードとして仲間の使い方がうますぎますね。

スクリーンの後の動き

スクリーン後の動きとは、スクリナーのピックアンドロールになります。
ただ単にスクリーンをかけるだけではなく、その後に、ボールをもらう動きをします。

まとめ

・スクリーンとは

・スクリーンの重要性

・スクリーンの種類

・スクリーンに対してのオフェンスとディフェンスについて

・スクリーンを上手く使うコツ

上記の件について知れたのではないのでしょうか。
スクリーンを使用することによって、簡単にプレイすることができ、
たくさんの攻め方が増えてきます。