バレーボールのジャンプサーブでサービスエースを量産する為の3つのポイント

バレーボールのジャンプサーブでサービスエースを量産する為の3つのポイント

 

バレーボールをやっている人ならご存知のように、
バレーボールにおけるサーブの重要性はどんどん高まってきています。

そしてサーブは完全な個人技です。
サーブのパフォーマンスは自分次第でいくらでも上げられます。

これからもっと上のステージに行きたいバレーボーラーにとって、
強力なサーブを身につけることは最低条件になってきます。

今回はそんなサーブのジャンプサーブにフォーカスを当てて
パフォーマンスアップ術をお伝えしていきます。

******************************

ジャンプサーブは筋力トレーニングでポイントが取れるのか

答えからいうとズバリNOです。

ジャンプサーブに限らずバレーボールのパフォーマンスはあがりません。
私自身学生時代に筋トレ頑張りました。
ですが対してジャンプサーブは変わりませんでした。

もしかしたら球速が1km/hくらいは上がったのかもしれません。
ただその程度です。

学生時代には週に5・6日バレーボールしていた私ですが、
引退後週に1・2日のバレーボールになっても
最高到達点は変わりませんでした。

むしろ疲れにくくなり全体的なパフォーマンスはアップしました。

私の知人にもスクワットを週に2回3年間頑張り、
挙上重量が上がったのにも拘らず、
垂直跳びが1cmも上がらなかったという人もいます。

筋トレ自体が悪いわけではなく
そこにパフォーマンスアップを期待しない方が良いというだけです。

筋力トレーニング以外のパフォーマンスアップ法

大きく分けて2つあります。

やり方を変えるかやりやすい体にするという方法です。
ジャンプサーブの打ち方を変えるか
ジャンプサーブが打ちやすい体に変えるかということです。

当たり前といえば当たり前ですが。
ここで体の変え方をお伝えするのは難しいので
ジャンプサーブの打ち方をお伝えしていきます。

タイミングで精度アップ

自分の一番高い打点で打つということです。

多くの人が一番高いタイミングで打てていません。
落ち際で、高いタイミングでを過ぎてから打ってしまっています。

単純な話ですが、ネットを越えないといけませんので
高い打点は欲しい要因の一つです。

ジャンプ力アップも大切ですが、
今のジャンプ力をきちんと使いこなせていますか?ということも大切です。

ジャンプの頂点でヒットしているのがわかりますでしょうか。

クビアク選手はサーブに限らず
全てのプレーのタイミングが非常に良い選手です。

日本人選手のジャンプサーブと見比べてみてください。

回転で決定率アップ

当たり前ですがドライブ回転がかかり
空気抵抗によってボールが落ちます。

なのでこの回転をうまく掛けれないとボールがうまく落ちず、
アウトになりがちです。

さらに回転をうまくコントロールすれば軌道を変えたりすることも可能です。

バレー界では回転を手首でかける、
スナップをきかせるという方法を良く耳にします。

私もそう教わりました。
残念ながらいくら手首を使おうが手首を鍛えようが回転には関係ありません。

回転をかける方法は真ん中を打たないことです。
すごくシンプルですがこれだけです。

ちょっとイメージすれば
どこを打つとどんな回転がかかるかわかりますよね?

知っている人は上手に使いこなしています。

ザイツェフ選手は回転をうまく使いこなしている選手です。

少し画質が粗いですが、前後から見た方が分かりやすいと思います。
スイングではなく打つ場所を変えるのです。

バランスで破壊力アップ

ジャンプサーブは空中動作です。
床に足が着いていません。

なので踏ん張ったりすることが出来ません。
そこで大切なのはバランスを取るということです。

方法としては相反する方向に動かすということです。
例えば右手でボールを打つとします。

その右手が動く方向と反対方向に別なパーツを動かすということです。
この時より大きいパーツを動かすとより破壊力がアップします。

越川選手は右手とそれ以外の体全体を反対に動かして
うまくバランスを取っています。

パフォーマンスアップの考え方

 

このようにジャンプサーブのポイントは一つではありません。

今回ご紹介した3つのポイントを全て使いこなすことが出来れば、
ジャンプサーブがより強力な武器になります。

3つのポイントを全て使いこなす為に先ずは一つずつ練習してみてください。
一つを極めるだけでも確実にレベルアップします。

大切なことは実践すること。
知っていても出来なかったら意味がありません。

練習して出来るようになって初めてプラスになります。

今回はジャンプサーブの打ち方のポイントをお伝えさせて頂きました。

またの機会にジャンプサーブの打ちやすい体の手に入れ方も
ご紹介出来たらと思いますので楽しみにしていてください。

バレーボールのジャンプサーブでサービスエースを量産する為の3つのポイント
ゴールドメダル.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください